HOME保育方針1年間の行事特別保育預かり保育募集要項アクセスマップお問合わせ

 

   
   
   

  1.遊びを中心とした生活の中で、一人一人に応じた総合的な指導をする。
    楽しく、夢中になって遊ぶこと、遊びこむ事が出来れば創造力も豊になり、
お友達とのかかわり方も身につき、伝え会う言葉も広がりを見せて
社会性も育ってゆきます。

  2.主体的な活動が可能な環境を用意する。
    熱中して遊んでいるうちに、それが次々と他方面に広がり、
深まってゆく様に保育者は色々な場と素材を用意し、
子供達の動きを見つめ、次の予測をし、ヒントを与えて発展させてゆきます。

  3.ゆたかな体験を通して生きる力を養う。
    a.心身の健康と、道徳心を培う。
b.自然体験、社会体験等の生活体験を取り入れる。
c.知的発展を促す。
d.自我の芽生えと、自己抑制心を育てる。
e.集団の中で自己実現をはかる

  4.小学校へとつづく生活への配慮をする。
    旺盛な好奇心と集中力、そしてしっかりとした生活力をもっていれば、
さきざき学習意欲が衰えることはないでしょう。

  5.家庭や地域との連携を密にし、子育てを支援してゆく地域に開かれた
  幼稚園をめざす。
    地域の求めにあった形での交流。幼稚園から地域に働きかけ、
又、地域のお力も借りて、幼児の健全な育成をめざしてゆきたいと思います。



 
Copyright(C) エーデル幼稚園 All Rights Reserved.